NPO 二十四の瞳
社会福祉士が老親&老後問題を具体的に解決!NPO二十四の瞳
(正式名称:市民のための医療と福祉の情報公開を推進する会)
お問い合わせ ☎045-228-5327

« | »

終活ブームのウソ

老老地獄を回避する術はないものだろうか。痛ましい事件の被害者になってしまった人たちは、異口同音にこう言うものだ。

「まさか、自分の親(配偶者)がこんなことになるとは思ってもみなかった」

でも、果たして本当にそうだろうか。

巷では、ここ数年、終活ブームが花盛りである。早い段階から、元気なうちから老い支度をしておこうという機運が高まっている。関連する本も溢れている。低俗なワイドショーやバラエティ番組にだって取り上げられることの多い話題である。テレビのみならず、ラジオ、雑誌にしても、終活をテーマに掲げさえすれば、それなりの反響を得ることができるという。B層の人たちがこぞって終活ブームに乗っかるからだ。

問題意識の低い人たち、問題意識のない人たちだって、さすがにこうした話題を小耳にはさむ確率は高いはずだ。ならば、自分や家族にそんな事態が起こったとしてもおかしくはないと、漠然とでも意識した時があったのではないか。まったくないとしたら、もう精神が死んでいるも同然だ。私はそう思う。

しかし、老いの問題に対して問題意識の高い人たちにだって、老老地獄に墜ちてしまうリスクが潜んでいる。彼らは積極的にその手の本を買う。テレビで紹介されれば、タイトルをメモ書きして本屋で注文する。ときに、地域の公民館で開催されている啓発講座にも顔を出す。

少子化の影響で学生数不足で経営難の大学が、苦肉の策でオープンカレッジと称してシニアたちをけしかけるようになって久しいが、かなりの金額を払って通学するシニアも多い。学ぼうとする姿勢は現役学生の比ではない。真剣そのものだ。講師の話に大きくうなずき、そしてわかった気になり、満足して、連れ立った友人・知人たちと帰りがけにお茶してにぎにぎしく会話を楽しんで、買い物をして帰路に着く。その頃には、老いに備える意識も知識もかなり薄れてくる。翌朝になればかけらもない。そして、これではいけないとまた同じことを繰り返す。

そうだからこそ、終活ブームを煽る側の人たちにとってはおいしい。ゴールがないビジネスはもっともおいしい。同じネタを何回でも使いまわして、コストをかけずに収益を上げることができるからだ。かさにかかってシニアに寄ってたかってくるのだ。

もちろん、家の外に出て、自分の足で移動して、人と接して、楽しい時間を過ごすことには価値がある。老後の暮らしに潤いを与えてくれるという意味においては有効だろう。しかし、こうしたことが本当の意味での「終活」になっているかというと、残念ながらちがうというのが私の持論である。

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントはまだありません。

コメント