NPO 二十四の瞳
社会福祉士が老親&老後問題を具体的に解決!NPO二十四の瞳
(正式名称:市民のための医療と福祉の情報公開を推進する会)
お問い合わせ ☎045-228-5327

« | »

サテライトオーナー12名を募集!

円滑老後支援の認定資格『スマートウェルネスコンシェルジュ』誕生
~同資格を取得して、NPO二十四の瞳のサテライトオーナーになりませんか?~

NPO二十四の瞳(正式名称:特定非営利活動法人 市民のための医療と福祉の情報公開を推進する会、横浜市中区)では、2006年より、シニア世帯等を対象に年中無休(24時間365日)の電話相談サービスを体制で提供しています。10 年間で約6千件の相談に対応してきた結果、元気なシニアがエンディングを迎えるまでに対峙する老後の課題および解決方法をしくみ化できることがわかりました。

これを受けて、認定資格『スマートウェルネスコンシェルジュ(以下、SWC)』を創設することとしました。併せて、私どもと同様の活動を行えるプロフェッショナルを輩出し、多くの地域に横展開していくため、「SWC養成&認定講座」を今春より開催します。

想定する受講者像は、①企業の管理職経験者 ②接遇接客を含むサービス業経験者 ③医療福祉系の資格保有者 ④福祉分野に関心のある若い世代 です。
同講座は年2回開催、第1期生として20名を募集します。受講者は、3月12日から7月23日まで全10日のべ50 時間、SWCに求められる意識・知識・技術を短期集中で習得し、修了検定試験を経て認定資格SWCを授与されます。*いずれも日曜日

週末起業・副業にも最適。さらには、同法人のフランチャイズ起業の道も用意されています。費用は、加盟料・資格取得料・研修費・運営支援費・経営支援費を併せて100万円(税別)。2月4日には説明会を予定しています。

100 歳以上の人口が10 万人を超えようかという長生き時代において、要介護状態にはないものの、漠然とした老い先への不安を抱えながら暮らしているアクティブシニアが気軽に相談できる窓口がありません。問題を先送りした結果、思わぬ不利益を被ってしまうケースが後を絶ちません。公的施設と介護職が不足する現代において、加齢に伴う心身の変化に対して、臨機応変かつワンストップで切れ目のない支援を提供するSWCは、安心老後のパートナーとして大いなる可能性を秘めています。

福祉の世界で低リスク高満足のビジネス展開を目指す同志を心待ちにしています。

お問合せは、NPO二十四の瞳 事務局 後藤まで ⇒ メール npo24no1103@dream.jp / 電話 045-228-5327

トラックバック URL

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントはまだありません。

コメント