NPO 二十四の瞳
社会福祉士が老親&老後問題を具体的に解決!NPO二十四の瞳
(正式名称:市民のための医療と福祉の情報公開を推進する会)
お問い合わせ ☎045-228-5327

「二十四の瞳」とは?

「二十四の瞳」は窓口を一本化

二十四の瞳、窓口を1本化。あらゆる相談にも親身に対応します。

困った! どうしよう!
私たちの毎日はこうしたことの連続です。増して高齢者だけの世帯では、波のごとく押し寄せるさまざまな不安に、夜も眠れないということも多いのではないでしょうか?

まず、どこに連絡すればいいのか、だれに相談すればいいのかがわからない。
どのように説明すればいいのかがわからない。
相談したところで、小難しい説明をされたり、あちこちたらい回しにされるのではないだろうか。
まぁいい。面倒だから、我慢しよう。

そんな姿勢が取り返しのつかない結果を招くのです。
そんな哀しい状況をなくすために、私どもは「二十四の瞳」を立ち上げました。

会員のみなさまは、あたかも身内の方に相談するように、迷わずご連絡下さい。
ご不安を取り除くために、必要な情報や問題解決の糸口をガイドさせていただくとともに、必要に応じて、各分野の専門家を初回面談無料にてご紹介させていただきます。

 

お役所は・・・ハッキリ言って相談しづらい!

二十四の瞳なら気軽に相談できる!(公共サービスとの比較)

お子さんと離れて暮らしている高齢者世帯では、暮らしの中で困りごとが生じてもついつい我慢してしまい、結果的に大きな問題になってしまうことが多々あります。

「二十四の瞳」では、そんな不安や心配を低減すべく、「いつでも・なんでも・気軽に相談できる」ホットラインをご提供します。

また、多岐にわたる相談に対して、最初の段階で、極力、解決の糸口や方向性を提示できるよう、地域情報や医療福祉分野に詳しい社会福祉士という国家資格者を第一次窓口として確保しています。専門知識に加えて、高齢者とのコミュニケーションについても教育を受けた人材が対応致しますので、ご家族に相談するように、遠慮せず気軽にご相談いただけます。