NPO 二十四の瞳
社会福祉士が老親&老後問題を具体的に解決!NPO二十四の瞳
(正式名称:市民のための医療と福祉の情報公開を推進する会)
お問い合わせ ☎045-228-5327

2016年12月15日、クリスマスセミナーPart2の様子


2016年12月3日、クリスマスセミナーPart1の様子

12月3日(土)のクリスマセミナー『老後の十戒 ~100歳まで人生をハッピーにエンジョイするために~』には、大勢のみなさまにお運びいただき、誠にありがとうございました。心より御礼を申し上げます。なお、当日の模様はビデオ収録の上、販売予定です。DVDにテキストを添えて5,000円です。お求めの方は、当サイト「お問合せページ」よりご用命下さい。

2017新春イベント決定

2017新春イベント

平成29年度『敬老義塾』開講のご案内

【敬老義塾の開講にあたり】
 困った!どうしよう! 私たちの毎日はこうしたことの連続です。まして高齢者だけの世帯では、波のごとく押し寄せるさまざまな不安に夜も眠れないということも多いのではないでしょうか?
 まず、どこに連絡して、誰に相談すればいいのかわからない。どう説明すればいいのかがわからない。相談したところで、小難しい説明をされたり、たらい回しにされたりするではないだろうか。まぁいい。もう少し我慢しよう。そんな姿勢が取り返しのつかない結果を招くのです。そんな哀しい状況をなくすために、「二十四の瞳」は発足しました。
 例えば、医療・介護・終の棲家・葬儀等の問題は、命あるものであれば誰しもが必ず通る道でありながら、そもそも積極的には考えたくないテーマです。専門性が高くとっつきにくい。ついつい先送りにしてしまった結果、いざその時になって思わぬ不利益を被ってしまう。そんな危険を孕んでいます。
 そして、多くの場合、ちょっとした情報や知識を持っているかいないか。たったそれだけの違いで、運不運が分かれてしまう。そんな現実があるのです。             
 今回、多方面からご要望をいただき、会員の方でなくとも参加できるオープンカレッジ『敬老義塾』を開講致します。この塾は、老い支度について楽しくわかりやすく具体的に学んでいただく場です。ひとりでも多くのみなさまのハッピーな熟年ライフのお役に立てるよう、「転ばぬ先の杖」を提供させていただきます。             
 肩の力を抜いてお気軽にご参加下さい。向上意欲溢れるみなさまと集い、ともに学び、ともに遊べますことを、私自身も心より期待しております。   
                                     平成28年 秋    二十四の瞳 理事長 山崎 宏

 

日本初の老い支度大学『敬老義塾』開講!

年明けより、毎月24日を「二十四の瞳の日」とし、老い支度への意識の高いシニアを対象とする啓発講座を開講します。
年間受講料ご入金確認後、塾生証を発送致します。 

【開講目的】円滑な老い支度に役立つ「意識・知識・技術」の提供
【学習目的】医療・介護・終の棲家・相続・葬儀等に係る、「知らなきゃ怖い真実」・「知らなきゃ損する真実」を共有し、理想の老後をデザインする。
【開講期間】平成29年1月24日~平成29年12月(全12回)
【入塾資格】老い支度に対する学習意欲の高い方先着100名限り
【講座内容】下表参照
【開催会場】原則、横浜市市民活動支援センター
【入塾費用】32,400円(税込み)
*塾生は、自動的に『お困りごとホットライン:24時間対応の電話相談サービス』・『老い支度サミット:終活に係る個別プランニングセッション(3時間相当)』のご利用が可能となります。     
【申込方法】電話・ファクス・メールにて「氏名・コース名・住所・連絡先」をご教示下さい。お申込み後、1週間以内にご入金下さい。
*振込先口座・・・『三井住友銀行 多摩支店(普通口座)6780496 (名義人)二十四の瞳 代表 山崎宏』

敬老義塾大学

『おとなのサマースクール』の風景

H28年08月21日 @ 横浜市西区公会堂

『おとなのサマースクール』の風景<2>

健康とは・・・

医療の悩み座談会の様子

介護入門講座の様子

老後の課題「4つのC」

新春講演会の様子

次へ »